平素より弊社製品をご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。

クラウドプラットフォームの利用を検討している、あるいはすでに活用し始めているITチームも多くいらっしゃると思います。クラウドサービスの増加や拡張に伴い、異なるツール間でのナビゲーションや相関関係の構築は困難で、それ自体が潜在的なセキュリティ問題となり、さらに複数のプラットフォームへの攻撃をリアルタイムに検知することが難しくなります。

Splunkを使うことで、生のイベント、CSPのネイティブ・セキュリティ・ツール、またクラウド管理プラットフォームからのデータと調査結果を一元化することができます。

本ウェビナーでは、AWSとAzureをメインに、クラウド環境の分析、セキュリティの検出・調査について解説します。特にAWSユーザー調査・分析ダッシュボードの例やAzure リソースのプロビジョニングアクティビティ調査など、細かく説明していきます。また[Splunk Enterprise Security Content Update app] についてデモンストレーションを交えてご紹介します。

ウェビナー:クラウド環境におけるセキュリティオペレーション

コンテンツ

  • エンドポイントの数、転送中のデータの数、ネットワークの境界線、これらすべてのアクティビティを把握し、安全に保護するにはどうしたらよいか
  • AWSユーザー調査・分析ダッシュボード
  • Azure リソースのプロビジョニングアクティビティ調査
  • クラウドベンダーのツールがサイロ化している中で、自社のデータセンターとパブリックなクラウドで稼働しているワークロードとの間の可視性を確保し、ひとつのエコシステムとしてビューするにはどうすればよいか
DO NOT EDIT

スピーカー

矢崎 誠二

スペシャライゼーション・グループ/セキュリティ・スペシャリスト