Splunkによるインフラ監視とトラブルシューティング
クラウド時代に求められる監視とは

現在のインフラ環境、アーキテクチャや運用モデルはどのステージでしょうか。「保持と最適化」にとどまるのか、「リフト&シフト」「リファクタ」へと進み、「クラウドネイティブ」へ向かうのか。どの段階であっても、レガシーモニタリングツールではさまざまな課題に直面しているはずです。

Splunk Infrastructure Monitoringはインフラストラクチャの監視とトラブルシューティングのソリューションです。AI機能が組み込まれたSplunkは、スピード、スケール、アナリティクスの3つの領域を得意とし、どんな環境でも、どんな規模でも監視できます。現在の環境がオンプレミスかマルチクラウドか、あるいはその中間かどうかにかかわらず、お客様が安心してクラウドの旅に出られるようサポートします。

本ウェビナーでは、Splunk Infrastructure Monitoringのデモンストレーションを交えて、インフラ環境はもちろん、アプリやモバイルなど様々な監視のメソッドをご紹介します。SRE、フロントエンドエンジニア、Splunk Coreユーザーの方にもおすすめのウェビナーです。ぜひご参加ください。

ウェビナー中ご質問ございましたら入力フィールドからお送りください。後日、回答をお送りします。


コンテンツ

  • 監視の長い歴史
  • クラウド監視の現実
  • クラウド時代に求められる監視
  • Splunk Infrastructure Monitoring デモ
DO NOT EDIT